美容外科での治療内容と特徴

美容外科は主に外見の向上を目的としたクリニックで、施術内容は多岐にわたり、総合的に美容医療を取り扱う場合もあれば専門分野に特化した美容外科もあります。
基本的な内容はフェイシャル、ダイエットを含むボディ関連、永久脱毛の3種類です。



中でも需要の多いのは顔に関しては二重まぶたやしみやたるみなどのアンチエイジング、ボディでは痩身のほか、豊胸も人気です。
美容外科は美容医療の発展に伴い、ますます身近な存在になりました。

しわや脂肪の除去、バストアップなどは注射1本でもかなりの効果があり、施術時間もそれほどかかりません。

肌をふっくらとさせるヒアルロン酸注入は顔にも体にも有効です。

また今世紀になってから導入されたものに電磁波による美容施術があり、あらゆる方面に浸透するようになりました。


レーザーによる永久脱毛をはじめ、しみやニキビの改善、リフトアップまで応用がきき、皮膚に直接触れずに何回か選択光を照射するだけで真皮層にまで作用します。

熱の力でコラーゲンの生産量をふやし、代謝を向上させることで副次的な美肌効果が得られるのも魅力です。

キャビテーションは圧力の際を利用して体内の水分を振動させ摩擦による刺激で脂肪を溶かすためメスいらずの脂肪吸引と呼ばれています。

副作用やリバウンドの心配はなく、通常通りの生活をおくれます。



美容外科での施術は即効性があり、自力のケアでは不可能な範囲まで悩みを解消できるうえ、快適で痛みの少ない方向に進化しているのも需要の伸びた一因です。